器具別・さかもとこーひーの淹れ方


・カフェプレス(フレンチプレス)

 さかもとこーひーオススメの淹れ方です。
 円やかな口あたりと豊かな余韻
 こーひーの魅力を余す所無く味わう事が出来ます。
 使用する豆も少なくて済むので経済的です。
 (豆の量:250cc:10g、500cc:20g、1000cc:30g)

 ・豆を細挽きにする
 ・粉を入れる
 ・95℃以上の熱湯冷まさずに一気に注ぐ
 ・蓋をして4分以上待つ
 ・レバーを押し下げて出来上がり
 (底に残る粉が気になる場合は最後まで注ぎ切らないようにして下さい)



・ペーパードリップ

 ご家庭で淹れるコーヒーと言えばまず思い浮かぶ淹れ方です。
 お湯が常に粉を通過するのと、ペーパーが成分を濾過するので
 カフェプレスよりも軽やかな味わいになります。

 ・豆を細挽きにする
 ・ドリッパーにペーパーをセットして粉を入れる(1杯あたり10g目安)
 ・95℃以上の熱湯冷まさず
 ・蒸らし無しでドリッパーの中心付近にお湯を注ぎ続ける
 ・必要な量が落ちたらドリッパーを外す
 ・こーひーをかき混ぜて出来上がり



・コーヒーメーカー、マシン

 機械任せに出来るので、最も手間無く淹れられます。
 豆の量少なめ・挽き目は細挽きに設定して下さい。

 *あまり高性能過ぎるマシンだと、
 「粗挽き・湯温下げる・蒸らす」を
 自動で行ってしまうものもあるのでご注意下さい。
 (さかもとこーひーには適さない淹れ方になってしまいます)



 

 簡単便利!
 コーヒーバッグ&カフェエクル



・コーヒーバッグの淹れ方

 *ティーバッグのような形になっています。
 お好みのカップにコーヒーバッグをひとつ入れて
 95℃以上の熱湯を注ぎ、4分以上置いて
 コーヒーバッグを引き上げて出来上がりです。

 マグカップ(200cc位)に1個が目安です。
 コーヒーカップ(150cc位)だとしっかり濃い目。
 タンブラー(300cc位)で軽やかな味わいです。

 一度にたくさん淹れたい時は
 大きめのサーバーやポットで淹れて
 かき混ぜてからカップに注ぎ分けると便利です。



・コーヒーバッグでアイスこーひー

 水出しアイスこーひー
 「特上フレンチ&特上アイスコーヒー」がオススメです。
 (軽やかで優しい味わいになります) 

 コーヒーバッグ1個に対し水500ccを目安に
 冷水ポットやタンブラーに入れて
 冷蔵庫で1晩で出来上がりです。(注ぐ前にかき混ぜて下さい)


 オン・ザ・ロック
 (こーひー毎の特徴がしっかり出ます)

 コーヒーバッグ1個を150cc位のお湯で濃い目に出し
 氷をたっぷり入れたグラスに一気に注ぎ、かき混ぜて急冷します。
 氷が溶けるとちょうど良い量になって出来上がりです。



・ラテのもと・カフェエクル

 エクル1:冷たい牛乳4を目安に割って、お手軽にアイスラテが楽しめます。

 アイスラテをレンジで温めればホットラテ。
 牛乳を水・お湯に変えればブラックこーひー。
 夏は炭酸水・トニックウォーター等で割るのもオススメです。

 氷に原液を注いで濃い目のロックでも
 バニラアイスにかけると病みつきの美味しさです。

 

ページトップへ