2024年 06月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30       
今日
休業日
 

 さかもとこーひーの基本の淹れ方は
 

「細挽き」「熱湯(95℃以上)」「粉少なく」「蒸らしなし」です。
 

 世間で言われているコーヒーの上手な淹れ方

 「粗挽き」「湯温を下げる」「粉多め」「しっかり蒸らす」
 とは真逆の淹れ方をお願いしておりますが
 さかもとこーひーの淹れ方を守って頂ければ

 誰でも簡単に、手軽に、気軽に
 美味しいこーひーを日常的に楽しんで頂けます。

 

 では何故世間の「上手な淹れ方」と違うのか?
 

 粗く挽くと、粉の表面積が減って出が悪くなります。

 湯温を下げると、成分が溶け込まず出が悪くなります。

 しっかり蒸らすと、温度が下がって出が悪くなります。


 出を悪くする事で

 苦いとか酸っぱいとか、雑味エグ味を出さずに
 淹れ方のテクニックで円やかに飲みやすくするのが
 「上手な淹れ方」です。

 と、いう事は
 元のコーヒーにその嫌な味があるという事です。

 

 さかもとこーひーは素材でも焙煎でも
 完成度を高めることにエネルギー使ってますので


「細挽き」「熱湯(95℃以上)」「蒸らしなし」

 豆の成分をしっかり引き出すだけで良いのです。

 すると、1杯あたりに使う豆の量も少なくて済むので
 同じ1袋でも沢山飲む事ができ、大変経済的です。

 御家庭で日常的にこーひーを楽しむ為には
 お財布に優しい事も大切ですね。


 ※注意※
 「細挽き」「熱湯(95℃以上)」「蒸らしなし」は、
 さかもとこーひーに適した淹れ方になります。
 他店のコーヒーの場合は
 そのお店のオススメの淹れ方でお願いします。

 


 

ページトップへ